乾燥肌に必要なニキビ対策は?肌に合ったスキンケアを実施しよう

乾燥肌の方こそニキビ対策が大切

大切

ニキビは皮脂の分泌が過剰なことが原因になるというイメージが強いため、乾燥肌なら気にすることは無いと考えがちです。


でも、実際には乾燥肌であることが原因であることも多いのです。


特に大人の場合は皮脂が多いことよりも肌の水分不足がトラブルを引き起こしやすいのです。


そのため、予防や対策としても単純に皮脂を落とせばいいというものではなく、肌質に合ったケアが必要になりますし、そうしないと余計に症状を悪化させてしまうことがあるのです。


できるだけは無く綺麗な肌を取り戻すためにも、乾燥肌がなぜニキビの原因になるのかということや、肌質に合ったスキンケア方法について紹介していきます。



乾燥肌がニキビの原因になる理由

理由

乾燥肌によってニキビができやすくなる理由として、


  • 皮脂の過剰分泌
  • 角質が毛穴に詰まりやすい

ということが挙げられます。


どうして乾燥肌になるとこのような状況を作ってしまうのでしょうか?詳しく説明しましょう。


皮脂の過剰分泌

乾燥肌というと皮脂が全く出ていなくてカサカサの肌というイメージを持ってしまいがちですが、実は肌は水分が不足した時にも皮脂の分泌が過剰になることがあるのです。


これはいわゆる「混合肌」と呼ばれる状態ですね。

混合肌とは、額から眉間・鼻(Tゾーン)は皮脂の分泌が多いが、頬から口・アゴの周り(Uゾーン)が乾燥しがちなのが特徴の肌質である。中には自分が乾燥肌や脂性肌だと思い込み、片寄ったスキンケアをする人が多く見られるので、各々の肌状態に合わせ対策(スキンケア)が必要である。また、混合肌は乾燥肌・脂性肌の両方の特徴を併せ持っているため、にきびが発生しやすい。 出典:広尾プライム皮膚科

皮脂

そもそも皮脂というのは皮膚に油膜を張ることで水分を保持しつつ、お肌を弱酸性に保つことで雑菌などが繁殖しにくい環境を作るために分泌しているものです。


だから、肌の潤いが失われれば過剰に皮脂を分泌させようとするのも健康な肌を保つためには当然のことなのです。


潤いと雑菌の繁殖を過剰に防ごうとして皮脂が増えると、結果的に毛穴を詰まらせる原因になってしまうことがあるというわけですね。



角質が毛穴を詰まらせる

毛穴

また、乾燥肌は毛穴が詰まりやすい状態とも言えます。


肌の水分が不足する主な原因は、ターンオーバーが遅れて古い角質が残った結果、水分を保持する力が低下して潤いが逃げてしまうからです。


本来は水分を逃がさないようにフタの役割をする角質層の機能が低下して水分が逃げやすくなり、乾いてカサカサになった皮膚が毛穴の周辺に残ってしまうのです。


そうなると、徐々に毛穴を古い角質が覆って詰まらせてしまうわけです。


つまり、乾燥肌というのは皮脂は過剰になるだけでなく毛穴を詰まらせやすい肌にもなってしまうのです。


また、大人ニキビができやすい部位を見てみても、乾燥肌が原因になっていることがわかります。


例えば、思春期には皮脂の分泌が盛んなTゾーンと呼ばれるおでこから鼻筋あたりにできてしまうことが多いですよね。


 >参考記事:おでこのニキビは前髪やシャンプーの影響も考慮したケアをしよう


それに対して、大人になるとUゾーンと呼ばれるフェイスラインや頬から顎などの比較的乾燥しやすい部分にニキビができやすいことからも、潤い不足が原因になりやすいことがわかるでしょう。


 >参考記事:顎ニキビが生理前にできやすい理由と顎の環境に合ったケア方法を紹介


乾燥肌のニキビ対策に必要なスキンケア

ポイント

乾燥肌だと潤いを補うために皮脂が過剰になることや、ターンオーバーの乱れによって毛穴が詰まりやすくなっていることがニキビをできやすくしていることは理解できましたね。


そうすると、乾燥肌の方のニキビ対策に必要なスキンケアのポイントとしては


  • 保湿をすること
  • ターンオーバーを整えること

になるわけです。


では、それぞれについて具体的にどうすればいいのか簡単に説明しておきましょう。


保湿をすること

保湿

皮脂の過剰分泌により脂っぽくなってしまった肌は保湿は必要ないと思われがちですが、先ほども言ったように皮膚が乾燥すると肌は潤いを保つために皮脂を過剰に分泌しようとすることがあるため、皮脂が多い方もしっかりと保湿をすることが大切です。


ニキビのある肌に使う化粧水は殺菌作用などのある専用のものを使わないといけないと考えがちですが、殺菌作用などの効果よりも化粧水本来の目的である保湿をすることが重要です。


水分をしっかりと補うことで過剰な皮脂を抑えることができますし、潤いのある肌は刺激にも強くなるのでニキビの症状が悪化しにくくなるというメリットも期待できるのです。


そのため、まずは保湿力の高さを最優先に考えて、可能であれば炎症を抑える効果の期待できるビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムなどを配合した化粧水や美容液を使うといいでしょう。


 >参考記事:赤ニキビケア化粧水のおすすめランキング!肌質に合った保湿が大切!



ターンオーバーを整える

ターンオーバー

ターンオーバーを整えるための基本は、「生活習慣を整えること」と「過剰なスキンケアを避けること」が大切です。


まず生活習慣についてですが、これは簡単にいうと睡眠のリズムを整えるということです。


ターンオーバーは成長ホルモンが分泌される深い睡眠に入っている時に行われるのですが、深い睡眠(質の良い睡眠)のためには規則正しい生活が不可欠なのです。


 >参考記事:ニキビと睡眠の関係 | 重要な時間帯や何時間寝ればいいか解説


また、スキンケアをするときに力を入れて過剰に摩擦を行うと、皮膚はダメージを避けるためにターンオーバーを遅らせて角質を厚くしようとします


そのため、綺麗な肌にするためにしっかりと洗ったり保湿をしたりしなきゃいけない!という気持ちから過剰にケアをしがちですが、小さな刺激でも繰り返されるとデメリットになることを認識しておきましょう。


 >参考記事:赤ニキビにおすすめの洗顔料!治らないのは間違った洗顔が原因?



以上のように乾燥肌の場合のニキビケアはしっかりと潤いを与えつつ、肌への刺激を避けるというごく当たり前のケアを継続する必要があるのです。


一生懸命ケアしているのに全然な改善しないという場合は、過剰なケアが原因になっているケースも多いので是非、スキンケアの方法をもう一度見直してみて下さい。